助成金ガイドの記事一覧 - 会社設立で使える助成金ガイド

会社設立で使える助成金ガイド

助成金ガイド

助成金ガイド | 09月23日更新

会社設立に必要な登録免許税とは?算出の仕方や納付方法について

 

会社設立をするとき、登記の申請には登録免許税というものがかかります。
この登記申請書に必要な登録免許税というのはどういった物なのでしょうか。
そこで、登録免許税とは何なのか、支払い方法などをご紹介していきます。

・登録免許税とは?どうやって費用を算出するの?
登録免許税とは会社設立の登記を行うときに必要な費用です。
これは必ず必要になるお金で、会社設立時の会社の種類によって費用が異なると言われています。
それは、会社設立するときの資本金額によって登録免許税が違うからで、資本金額が2,1430,000円未満の場合は150,000円の登録免許税、資本金額が2,1430,000円以上の場合は資本金×0.7%で算出されます。
会社設立するときの資本金額が高くなればなるほど登録免許税は高くなるのですが、合同会社で会社設立をするということであれば60,000円程度の登録免許税で抑えられ、登録免許税を安くすることが出来ますよ。

・登録免許税はどうやって納付すればいいの?
登録免許税の納付方法は、一般的に収入印紙によって納付すると言われていますが、他にも現金で支払う方法もあります。
収入印紙で登録免許税を納付するときは、収入印紙用台紙(A4のコピー用紙でもOK)に必要な分の収入印紙を貼りつけ、登記申請書と一緒にホッチキスでとめて提出します。
この際、収入印紙用台紙に貼りつけた印紙は割印をしないようにしましょう。
また、現金で登録免許税を納付したいという場合は、登記を申請する前に法務局が指定する銀行口座に登録免許税を振り込みます。
銀行で振り込みを行うと銀行から領収書と領収書控をもらうことが出来るので、この2つを印紙用台紙に貼りつけて申請を行います。
この際、収入印紙用台紙に貼りつけた領収書を剥がさないようにしましょう。
再度貼り直してしまうと受理されないこともあるので注意が必要です。

このように登録免許税は会社設立をして、登記をするときに必ず必要になります。
会社の種類によっては登録免許税が安くなることもあるのですが、安くなったとしても2つのうちどちらかの納付方法によって納付を行わなければなりません。
どちらの納付方法を選ぶかは自分で決められるので、自分が便利だと思う方を選んで登録免許税を納付しましょう。
登録免許税の納付はきちんと定められた方法によって行わなければ受理されないこともあるので、正しい方法で納付を行うことが大切になります。
納付方法や注意事項を確認して、スムーズに受理させるようにしましょう。

助成金ガイド | 08月23日更新

会社設立の株式数と助成金

 

法人の場合には株式会社を設立することが多いでしょうが、株式会社というのは創設者の物なのではなく、株主の物なのです。
そのため、株式会社を設立する際には、株式数を決めておかなければいけません。

株式数を決めることを発行可能株式総数と呼んでいるのですが、これは設立後にどれだけ株式を増やすことができるのか、どれだけ増資ができるかの限界数値になるのです。
ちなみに中小企業の場合には限界数値というのは関係ありません。

ようするに何株に設定しても問題はありませんが、あまり少なすぎるのもよくないでしょう。
株ぐらい自由に発行できるのではないかと考える人もいるでしょうが、無制限に株の発行を行ってしまうと、第三者が無制限に株式を取得することができてしまうことになるのです。

そうすると現時点で株主の持ち株比率が低下してしまし、その人の発言権自体が小さくなることがあるため、このような決まりが設けられていると言えるでしょう。
しかし、どのようにして決めたらよいのかわからない人もたくさんいますし、大半の人は知らないのが一般的です。

このような場合には、やはり専門機関に相談をするのがよいのですが、会社設立サービスを行っている業者があります。
この会社設立サービスを行っている業者に株式数のことを相談すれば、詳しいことを教えてくれるでしょう。

基本的には資本金が1000万円ある場合には、株式数を2000株前後にしておけば無難です。
特に中小企業は滅多に増資をしませんので、それほど神経質になることはありません。

また、発行可能株式総数というのは後から変更することができることも、あまり神経質になる必要がない理由の1つです。
相談は基本的に無料で行えるので、株式数に関しても相談をしてみるのがよいでしょう。

ちなみに日本というのは個人に対してはどんどん助成金や補償を削られていき、どんどん生活が困難になるのですが、株式会社に関してはかなり優遇されているのです。
会社設立にはかなりのお金が必要になりますし、最初はうまくいかないことも多いでしょう。

そこで助成金や補助金の制度を利用できるようになっているのです。
主なのは創業事業承継補助金、キャリアアップ助成金、小規模事業者持続化補助金、地域中小企業応援ファンドがあります。

もちろん勝手に受けられるわけではないので、きちんと専門の機関に申し込みを行わないといけません。
申し込みを行う機関も、補助金や助成金の種類によって異なっているので、この点も株式数と一緒に聞いておくのがよいでしょう。

助成金ガイド | 06月02日更新

会社設立で助成金を使った体験談

仙台で会社設立時に助成金を使いました。
そのときの体験談で、本当にいい制度で知っていてよかったと思いました。
私が使ったのは、会社の創設費用の一部を補助してもらえる助成金です。
私が作ったのはとても小さい会社で、大きく拡大するつもりもないし、このような助成金を受け取れるとはあまり思っていませんでした。
でも法人化に向けて準備していたとき、たまたま知り合いからこの助成金のことを教えてもらい、やってみようかと思ったんです。
仙台で会社設立するならhttp://www.venture-support.biz/sendai-establish/
(さらに…)

助成金ガイド | 06月02日更新

助成金の対象になるのは?

会社設立も助成金を使えばその負担が軽くなり、創業しやすくなりますが、誰がこの助成金の対象になるのかは、基本をよくチェックしておきましょう。
これから会社を作る方の全員が対象になるわけではありません。
(さらに…)

助成金ガイド | 06月02日更新

助成金の手続きのポイント

会社設立に使える助成金もありますが、それを少しでも確実に使えるような手続きのポイントをご紹介します。
まずは早めに申請することです。
その方が同じ手続きをしても助成金を受けやすくなります。
(さらに…)

助成金ガイド | 06月02日更新

会社設立のための創業助成金の活用法

会社設立をするときに、助成金を得られることがあります。
コレを活用して創業するのもオススメですが、基本的な活用法はよく確認しておきましょう。
その活用法とは、創業でかかった費用を、助成金によってあとから補填するといったものになります。
会社設立の前にこれらお金がもらえるわけではありません。
この点はよく確認しておいてください。
(さらに…)

助成金ガイド | 06月02日更新

助成金の種類とは

会社設立に使える助成金にもいくつかの種類があります。
まずは提供元による種類です。
助成金は特定の団体だけが提供するものではありません。
国や都道府県、各市区町村など公の組織のほか、民間団体が提供する助成金もあります。
(さらに…)

助成金ガイド | 06月02日更新

助成金と補助金の違い

会社設立時に助成金を利用して資金を補えますが、似たようなものに補助金もあります。
これらは2つセットで紹介されることも多いですが、厳密にはこれらにどういう違いがあるのでしょうか?
(さらに…)

助成金ガイド | 06月02日更新

助成金の利用手続き

会社設立のときに使える助成金もあるわけですが、利用したいならその手続きを取らないといけません。
その手続きとは、必要書類の作成と提出になります。
これだけ見ると簡単なように見えますが、実はそうとも限りません。
助成金の申請書を1枚提出すれば終わりといったものには、ならないことが多いです。
(さらに…)

top