会社設立をする日は先勝を選ぶのがおすすめ!? - 会社設立で使える助成金ガイド

会社設立で使える助成金ガイド
Home » 助成金ガイド » 会社設立をする日は先勝を選ぶのがおすすめ!?
助成金ガイド | 11月23日更新

会社設立をする日は先勝を選ぶのがおすすめ!?

 
独立して新しく会社設立をしたいとき、設立日に設定する日はいつがいいのでしょうか。
日本では縁起がいい日、縁起が悪い日というものがあり、縁起が悪い日に会社設立をしたら失敗するかもしれないと思っている人も多いでしょう。
縁起がいい日を設立日としたいのであれば、先勝を選んでみてはいかがでしょうか。

 
・主に縁起が悪いと言われる日!
主に縁起が悪いと言われいている日は、仏滅や赤口の日などです。
このため、結婚式などの祝い事は仏滅に行うと縁起が悪いとされています。
結婚式などのお祝い事は縁起のいい日に行うのが一般的で、六輝(六曜)によって結婚式の日取りを決めることが多いとされています。
一方、会社設立であっても仏滅は縁起が悪いと言われていて、「仏も滅するような大凶日」として仏滅を避け、会社設立を他の日に設定することが多いです。

 
・会社設立をするなら先勝がいい!その理由は?
会社設立をするときは六輝(六曜)によって設立日を決める人が多く、縁起がいい日としては、先勝や大安、天赦日などを選ぶ人が多いとされています。
先勝が選ばれている理由は先ずれば即ち勝つという意味があることで、この日に会社設立をすれば事業が成功するだろうと思う人が多いようです。
先勝の意味にもある通り早いことが良いということで、先勝の午前中に会社設立を行うことを考えている人もいますよ。
また、先勝の他にも大安や天赦日などもあり、それぞれにきちんとした意味があります。
大安は大いに安らぐという意味で、何かを始めるときに縁起がいいとされています。
一方、一粒万倍日と言うのもあるそうで、意味は商売繁盛ということからこの日を会社設立にすると縁起がいいとも考えられています。

 
このように会社設立をするときは、縁起のいい日を選んだほうがいいとして先勝や大安、天赦日などを選ぶ人が多いです。
一般的に設立日は先勝や大安に行う人が多いと言われていて、先勝を選べば事業に成功すると思っている人もいますよ。
こういったものは気の持ちようで変わってくるかもしれませんが、会社設立では大きな問題となり、設立日を縁起のいい日にしておけば失敗しなかったかもと後悔しても遅いです。
後で後悔をするよりは会社設立をするときによく考えて、いつ会社設立をしたほうがいいのかを検討してみましょう。
よう考えて会社を設立した結果、事業が上手くいかなければ自分の考えが甘かったのではないかと思い、落ち込まずに再スタートが切れるでしょう。

top