助成金の対象になるのは? - 会社設立で使える助成金ガイド

会社設立で使える助成金ガイド
Home » 助成金ガイド » 助成金の対象になるのは?
助成金ガイド | 06月02日更新

助成金の対象になるのは?

会社設立も助成金を使えばその負担が軽くなり、創業しやすくなりますが、誰がこの助成金の対象になるのかは、基本をよくチェックしておきましょう。
これから会社を作る方の全員が対象になるわけではありません。

コレの対象は、その助成金ごとに決まっています。
たとえば従業員を新規に雇う方が対象になる助成金もあれば、同じ従業員雇用でも、特定の対象者を雇う方だけが対象になるものもあります。
その特定の対象者とは、たとえば身体障害者や特定の年齢層の方、第二新卒といった特殊な条件に当てはまる方などです。
家賃補助の助成金についても同じで、特定の地域で事務所やオフィスを借りる方が対象になるといった条件がありますね。

このような支援金は会社設立にあたっても役立つものですが、会社を作る方の全員が対象になるわけではありません。
その対象になる条件に当てはまらない場合、その助成金を申請しても基本的に認定が下りず、お金はもらえないわけです。
また、その対象になる可能性がある方も、そのお金が直接創業資金として支給されるわけではありませんので、条件は改めてよく確認してください。
たとえば従業員の雇用によって得られる助成金は、実際にその支給条件となる雇用を一定期間行わないと、支給されません。
それが会社設立に役立つ費用となるかどうかは、あくまで経営者の計画性にかかっています。
創業そのものを応援する意味での助成金ばかりではありませんので、対象になる方の条件はよく確認しておきましょう。

もっと直接的に創業自体を応援するような助成金がよければ、その条件のものを探してください。
会社設立自体を推進する助成金があれば、会社を作る方が基本的に条件になる可能性が高いです。
これなら従業員を雇ったり、新規に事務所を借りるといった特殊な条件がなくても、お金が支給されます。

このように会社設立に役立つ助成金も、実際の対象条件はさまざまで、役立つものもあれば、条件に合わないものもあります。
条件に合えば会社設立に役立つ助成金となりますから、よく内容を確認して、役立ちそうなものを選んでください。

top